ライブドア・フジテレビ 泥仕合の行方

執筆者: 2005年4月号

 ライブドアとフジサンケイグループの法廷闘争。ニッポン放送の新株予約権発行は「不公正」と差し止められ、緒戦はライブドアが勝利した。今後も続く法廷闘争でも、ライブドア有利とみられている。事態がこのまま推移すれば、ライブドアによるニッポン放送株の過半数獲得、役員派遣は避けられそうもない。 フジサンケイグループとしては、本丸であるフジテレビや産経新聞社にライブドアが迫るのは防ぎたい。「ライブドアそのものに買収をかけるパックマン・ディフェンスはどうですか」「買収される前に、ポニーキャニオン、フジテレビ、横浜ベイスターズ株を売るクラウン・ジュエル作戦もあります」

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top