「トヨタのロシア進出」が進退きわまっている理由

執筆者: 2005年5月号
エリア: ロシア

 トヨタ自動車について日経新聞が三月十一日、「サンクトペテルブルク進出、ロシア工場概要固まる」と報じた。同日の産経新聞は「露工場計画を凍結」。以後、両紙とも続報がない。 トヨタ関係者や外交筋によると、報道はいずれもある程度正しいようだ。トヨタのロシア進出の概要はすでに固まっており、当初はプーチン大統領やロシア政府高官の来日に合わせて発表する予定だった。ところが、北方領土問題などで政府間の交渉が難航。大統領らの来日の見通しが立たないため、トヨタの最終決断が遅れているという。 トヨタは、税制面で好条件を提示したモスクワ市の誘致を断り、政治的な配慮もあって、プーチン大統領の地元のサンクトペテルブルク市に進出する意向を固めている。ロシア当局からの、不当とも言える多額の追徴課税に揺れる日本たばこ産業の二の舞を避けるためにも、トヨタは、プーチン大統領の来日時に“お墨付き”を得る形で進出計画を発表することを望んだ。

カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top