GMの苦境で「いすゞ株」に集まる注目

執筆者: 2005年7月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 一―三月期決算で十一億ドル(約千二百億円)の巨額赤字に転落し、社債の格付けも「投機的等級」に転落した米ゼネラル・モーターズ(GM)。同社は傘下にいすゞ自動車を持つが、そのいすゞ株式を放出する可能性が高まっている。 いすゞは二〇〇二年に千億円の優先株を発行している。そのうち三百億円分を二〇〇六年十月に普通株転換しなければならない。 転換される株式の半分以上は三菱商事など取引先商社が引き受ける見通しだが、残りの百四十億円分の処理が遅れている。「本来なら筆頭株主のGMが引き受けるべきだが、経営不振から向こうも消極的」(いすゞ幹部)だという。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top