TBSのなりふり構わぬ「企業防衛強化」の内幕

執筆者: 2005年10月号

 敵対的買収に怯えるTBSは、九月十六日付で二百六億円相当の第三者割当増資と七十三億円相当の自己株放出を実施した。引受先は電通、ビックカメラ、三井物産、毎日放送の四社。TBS幹部は「数%の株式保有で偉そうな口をきく村上ファンドへの絶縁状」と狙いを語る。 村上ファンドはかねてから、TBSの保有する土地や東京エレクトロン株の売却、増配などを要求。TBSが六月三日に日興プリンシパル・インベストメンツに新株予約権を与える買収防衛策を打ち出しても、七月中旬にMBO(経営陣による企業買収)を提案してくるなど、TBS経営陣の悩みの種だった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top