マレーシアがミャンマーに厳しくなった

執筆者: 2006年2月号
カテゴリ: 国際

 民主化勢力の弾圧を続け、東南アジア諸国連合(ASEAN)のお荷物扱いされてきたミャンマーの軍事政権に対して、よき理解者の立場をとってきたマレーシアが方針を転換。ミャンマー民主化への圧力をかけ始めている。 昨年十二月に首都クアラルンプールで開かれたASEAN外相会議で、マレーシアのサイドハミド外相がミャンマーに対し、突然の首都移転問題や自宅軟禁中の民主化指導者アウン・サン・スー・チーさんの解放を例に挙げながら「もっと情報公開を進めるべきだ」と注文。また、「ミャンマー問題がASEAN全体に大きな影響を与えている」とも発言。対ミャンマー政策の変化を明確に打ち出した。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top