パレスチナとイスラエルが抱える「ハマスの難題」

イランやアラブ諸国のオイルマネーの後ろ盾を得そうなハマスに、欧米がかけることのできる圧力はしれたものだとすれば――[エルサレム発]一月のパレスチナ評議会選挙で、イスラム原理主義組織ハマスが半数を超える七十四議席(総議席数百三十二)を獲得した。しかし、ハマス主導のパレスチナ自治政府ができるのか、あるいはハマスが主流派ファタハや無所属議員を巻き込んで連立政権を作るのか、自治政府大統領にあたるアッバス議長は外交や軍事に関する権限を新首相に譲るのかなど、数多の疑問に答はなく、先行きは不透明だ。二月はじめの時点では、ファタハも無所属系代表のサラム・ファイヤド元財務相もハマスと連立を組む意向はない。何よりハマス自体、ガザ、ヨルダン川西岸、亡命先のシリア・ダマスカスなど各地の勢力が集まって内部調整を始めたばかりなのだ。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top