「反米」ボリビア新政権にここまで肩入れする中国

執筆者: 2006年3月号
タグ: 中国

 このほど南米ボリビアに誕生したモラレス新政権を、中国が積極的に支援している。裏には資源獲得戦略もあるようだ。 昨年暮れのボリビア大統領選で当選したモラレス氏は先住民をルーツに持ち、反米主義を鮮明にする左翼ポピュリスト(大衆迎合の政治家)。モラレス氏が大統領就任に先立って一月に訪中した際、中国側は異例の歓迎ぶりを示した。胡錦濤総書記をはじめとする党・政府首脳が会談の席を設けたうえ、幹部たちによる祝宴も催された。 これら一連の会合では、国際・地域問題での連携、首脳レベルの交流の強化、経済協力の促進などで合意がなされ、中国側は特にボリビアの資源開発への支援を約束したという。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top