クリミア問題の「田舎芝居」と「情報戦」

執筆者:国末憲人 2014年3月17日

 クリミア自治共和国で帰属を問う、いわゆる「住民投票」が3月16日実施され、この文章が出る時にはすでに結果が出ているかも知れない。この投票は、今回の一連の紛争の中で1つの節目と受け止められているが、一方でどんな結果が出るか、実施する前からわかっている。選挙監視の態勢も整わない中で投票の格好だけさせて、それがさも民意を反映しているかのように演出した田舎芝居だ。実は節目でも何でもなく、ロシアの侵略の一過程に過ぎない。

 そもそも、クリミア半島の事実上の占領自体、へたくそな芝居だった。2月末から所属不明の兵士たちが「治安を守る」という名目で空港などを占拠した。彼らは、記章を付けず、旗も掲げていない。どこから沸いて出たかわからないエイリアンによって、半島は制圧されているのである。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人 1963年岡山県生まれ。85年大阪大学卒業。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。パリ支局長、論説委員、GLOBE編集長を経て、現在は朝日新聞ヨーロッパ総局長。著書に『自爆テロリストの正体』『サルコジ』『ミシュラン 三つ星と世界戦略』(いずれも新潮社)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』『巨大「実験国家」EUは生き残れるのか?』(いずれも草思社)、『ユネスコ「無形文化遺産」』(平凡社)、『ポピュリズム化する世界』(プレジデント社)など多数。新著に『テロリストの誕生 イスラム過激派テロの虚像と実像』(草思社)がある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top