ベネズエラのウラン極秘開発 提供先は問題のイランか

執筆者: 2006年5月号
タグ: イラン
エリア: 中南米 中東

 ベネズエラのチャベス大統領がイランに対し、核開発用ウランの提供を計画している。 ハダドアデル・イラン国会議長が今年二月ベネズエラを訪問した際、総額二億ドルの「共同開発基金」設立などを定めた取り決めに調印したが、首都カラカスの外交筋によれば、この取り決めには公表されていないいくつもの秘密条項があり、その中にベネズエラでのウラン鉱の共同開発・生産とイランへのウラン提供が盛り込まれている。 ブラジルとの国境沿いにあるベネズエラのジャングル地帯には有望なウラン鉱脈があるとされ、チャベス大統領は昨年来たびたび同地域を視察している。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top