中国IT産業「二つの世代」の明と暗

執筆者:肖宇生 2006年5月号
エリア: アジア

一世を風靡した「海亀族」は青息吐息。かわって“国内派”の第二世代が――。 中国ネット産業がますます勢いづいている。3G(第三世代携帯電話)の中国独自規格TD-SCDMAが一月に政府から認可された。その正式デビューが「通信と放送の融合」の本格的な幕開きとなるだろう。現在のインターネットやそのサービスが「Web1.0」つまり「バージョン1」から進化してきたとするならば、ネット世界は「Web2.0」に突入した。この次世代ネットは生活スタイルさえ変えてしまう――そんな議論は中国でも盛り上がっている。 Google(グーグル)やYahoo!(ヤフー)といったアメリカの巨人が中国に本格進出を始め、一方でナスダック市場上場などの形をとった中国ネット企業の米国進出も、珍しい話とは言えなくなって久しい。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top