「負け組」パイオニアに救いの手を差し伸べるのは?

執筆者: 2006年6月号
タグ: 中国 台湾

 プラズマテレビで松下電器産業に攻勢をかけられ、不振が続くパイオニア。薄型テレビが活況を呈する中での業績不振で、「負け組」のレッテルは当分返上できそうもない。 そのパイオニアに家電量販店大手のヤマダ電機やビックカメラが“救いの手”を差し伸べようとしている。大手ファンドのある幹部は「自分たちが両社の間に入り、量販店という販路を確保したうえで、プラズマやAV機器などの商品生産は台湾や中国にOEM(相手先ブランドによる生産)委託すれば、価格戦略で再生できる」と商機を見込むが、量販店は「協業」の先に「買収」すら視野に入れている。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top