来年の日中首脳相互訪問へ 胡錦濤の密使が来日折衝

執筆者: 2006年9月号
タグ: 中国
エリア: 中国・台湾

 膠着する日中関係打開に向け、水面下の折衝が加速しているようだ。 中国外務省関係者によれば、七月中旬に胡錦濤総書記の特使が来日し、小泉首相の後継最有力候補である安倍官房長官のほか、中川自民党政調会長や額賀防衛庁長官らと面会した。離日する直前には、王毅駐日大使らに「来年の日中首脳の相互訪問に向けて準備せよ」と指示し、日本側との話し合いの成果に「手ごたえ十分」と言い残したという。 関係者によると「公式な外交ルートを外し、中国共産党と自民党の党ルートを通じて交渉・接触したため、中国外務省の担当部署は結果報告しか受けていない」。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top