「ウェブプラットホーム」に焦るマイクロソフト

執筆者: 2006年9月号

基本ソフトもアプリケーションも、さらにはパソコンも不要になるという大転換。それが現実化すれば――。「我々の力が過小評価されている。マイクロソフトを見限るのはまだ早い」――五月に米シアトルの本社で行なわれたイベントでビル・ゲイツ会長は、グーグルに代表されるインターネット勢に後れを取っているという指摘に対し、激しく反論した。 創業三十一周年を迎えるマイクロソフトはパソコンOS(オペレーティングシステム=基本ソフト)で九〇%を超えるシェアを持ち、OSのウィンドウズベースで利用するインターネット閲覧ソフト、電子メールソフト、オフィス(ワープロ、表計算、プレゼンテーションソフトの統合ソフト)などのアプリケーション分野でも九〇%のシェアを誇る。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top