ビクターの売却先に船井電機が急浮上か

執筆者: 2006年12月号
タグ: 日本

 経営不振が続く日本ビクター。親会社は松下電器産業だが、前社長で松下のV字回復を成し遂げた中村邦夫会長も日本ビクターの始末には「最後までうまくいかなかったと言っていた」(松下幹部)。今なおその再建には手こずっている。 松下は中村社長時代から、水面下で投資ファンドへの売却などを模索してきたが「売却金額などで折り合いがつかず、失敗が続いてきた」(大手投資銀行幹部)。実は「中村氏はものづくりを知らない投資ファンドを嫌っている」(同)とされ、「どうせ売却するならメーカーに売りたい」(松下幹部)との意向がある。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top