ブッシュは“イラク破綻”の責任をどう取るのか

執筆者:田中明彦 2007年1月号
エリア: 北米 アジア

 十一月に行なわれたアメリカの中間選挙の前までは、ブッシュ大統領は、イラクにおいて「われわれは勝利しつつある」と宣言していた。十二月五日、国防長官としての承認をうける上院聴聞会の席で、ロバート・ゲイツ氏は「われわれは今イラクで勝利しつつあると思いますか」との問いに対して、「ノーであります」(No, sir)と答えた。 イラクではアメリカは勝利できない、というのが今やコンセンサス(合意)である。コンセンサスが常に正しいわけではないし、ゲイツ新国防長官もアメリカが「負けている」わけではないと付け加えている。しかし、新任の国防長官がちょっと前までは大統領が言っていたことと百八十度違う、「勝利していない」という前提で今後の政策を語るということの意味は大きい。

カテゴリ: 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top