香港証取も参入「環境で金儲け」が活況

執筆者: 2007年1月号
タグ: 中国 香港
エリア: 中国・台湾

 温暖化対策を早急に講じなければ世界規模でGDP(国内総生産)が最大で二〇%減少する――元世界銀行チーフエコノミストが英政府の委託でまとめた「スターン・レポート」は、アジア市場でプレゼンスを維持したい香港証券取引所の“追い風”となっている。 十二月七日、香港証取は二〇〇七―〇九年の三カ年戦略計画を発表。目玉の一つとして「気候関連商品」、つまり温暖化ガス排出権先物取引などの環境関連デリバティブ(金融派生商品)の導入を打ち出した。官僚的な答弁が多い香港証取の周文耀行政総裁は、開始時期について明言しなかったが、香港証取の「今後」を考えれば早急に着手するだろう。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top