タンス預金までユーロに ロシアの外貨準備が示す基軸通貨シフト

執筆者: 2007年1月号
タグ: ロシア 通貨
エリア: ヨーロッパ ロシア

 再びユーロ高である。ついに一ユーロ=百五十円を突破、弱含む気配はない。一九九九年に統一通貨ユーロが誕生して以来、対円では最高値だ。二〇〇〇年十月に一ユーロ=八十八円台まで売り込まれたが、その後はほぼ一本調子にユーロ高が進んできた。 ユーロ高の理由は何か。対ドルでみると分かりやすい。対ドルでユーロの上昇が始まったのは〇二年一月。ユーロ通貨が流通し始めたその時からである。一ユーロ=〇・八五ドルから〇四年十二月の一・三六ドルにまで一気に駆け上がった。つまり、基軸通貨としての地位が大きくドルからユーロにシフトしたのが原因とみていい。

カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top