中東各地で暗躍する悪名高きテロリスト

執筆者: 2007年3月号
エリア: 中東

 かつて悪名をはせた中東のテロリストが、最近、再び活発に動き始めており、米欧の治安当局が神経を尖らせている。 このテロリストは、レバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラの創設メンバーの一人だったイマード・マグニエと呼ばれる男。マグニエは一九八〇年代にレバノンで頻発した対米爆破テロや誘拐事件の首謀者。当時二度にわたって起きたベイルートの米国大使館爆破事件の主犯格で、イランのイスラム革命防衛隊とも深いつながりがあったとされている。 パリの国際治安筋によれば、数年前にロシア連邦のチェチェン共和国の武装ゲリラを指揮していると伝えられた後、消息を絶っていたマグニエが、昨年暮れ以来、ベイルート、シリアのダマスカス、イランのテヘランの三都市の間を行き来していることが確認されたという。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top