証券界「追放」目前の日興コーディアルグループ

執筆者: 2007年3月号
エリア: 日本

「十年前に自主廃業した山一証券を思い出す」という人もいる。日興コーディアルグループ(CG)の粉飾決算事件。 同社が委嘱した調査委員会は、組織ぐるみの粉飾だったことを明らかにした。その調査報告書では、金融庁が「一社員のミスではない」と激怒したように、子会社の日興プリンシパル・インベストメンツの平野博文前会長(四五)ひとりの行為ではなく、辞任した金子昌資CG前会長(六七)こそグレーゾーンの扱いだったが、有村純一CG前社長(五七)は粉飾を知っていた、と指摘した。加えて、山本元・日興コーディアル証券前常務(四八)が積極的に粉飾に関与したことも明らかにした。山本氏は発表直後に辞任するお粗末さだった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top