東南アジア諸国とも合同軍事演習を狙う中国

執筆者: 2007年4月号
タグ: 中国 インド
エリア: アジア

 さらに中国は、東南アジア諸国連合(ASEAN)十カ国とも合同軍事演習を実施する方針を固め、ASEAN各国に働きかけている。インドネシアの外交筋によれば、曹剛川・中国国防相の名でASEAN加盟各国の軍部あてに、合同軍事演習プランを盛り込んだ書簡が既に送られているという。 合同演習については、一月にフィリピンのセブ島で開催された東アジアサミットで、胡錦濤・中国国家主席が各国首脳に非公式に打診、大半の加盟国から前向きの反応があったという。中国側は七月にも演習を実施したい意向のようだ。 前出の外交筋は「中国はASEANとの関係を経済面だけでなく、軍事面にも拡大しようという長期的戦略を立てている」と分析、「東南アジア地域で上海協力機構と同様の安全保障機構の構築を狙っている」とみている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top