“水際検査”だけでは食品の安全は守れない

執筆者:高橋梯二 2007年8月号
カテゴリ: 社会
エリア: 日本

次々と明らかになる中国食品の驚くべき実態。食料の六〇%を輸入に頼る日本が食品の安全を確保していくには、発想を変える必要がある。 いま、世界各地で中国産の食品・医薬品から生命にかかわる有害物質が検出され、不安が急速に広がっている。 発端となったのは、今年三月、北米で猫や犬が大量に不審死した事件だ。米食品医薬品局(FDA)による検査の結果、ペットフード原料の中国産小麦グルテンに、メラミンが混入していたことが判明。しかも、ペットフードの一部は養豚場、養鶏場に流れ、それを食べた豚や鶏が食肉として流通していた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top