“死に体”の新銀行東京をそろばんずくで支えるオリックス

執筆者: 2007年8月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

「新銀行東京は、近い将来、オリックス信託銀行と合併するだろう」――石原慎太郎都知事の肝煎りで税金一千億円を投じて設立したものの、経営難に直面している新銀行東京の行く末について、今、金融界ではこんな見方が広がっている。 その背景には、同行の新経営陣の布陣がある。りそな銀行出身で、大手計測機器メーカーの取締役だった森田徹氏を同行の新代表執行役に据えたのは、りそなホールディングス出身の梁瀬行雄・オリックス副社長だった。梁瀬氏は、石原知事の盟友であるオリックスの宮内義彦会長から命を受けていた。梁瀬氏と森田氏は、りそな時代の上司と部下の関係。石原知事は、新銀行東京の旧経営陣に経営不振の責任を取らせて退任に追い込んだものの、新代表執行役の引き受け手が見つからなかった。そこで頼ったのが、オリックスの宮内会長だった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top