原発の次は戦闘爆撃機売却 イランを“凶悪化”させる元凶

執筆者: 2007年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア 中東

 イランがロシアからスホイ戦闘機などを大量に買い付けるとの情報に、ブッシュ米政権が神経を尖らせている。 ワシントンの消息筋によれば、イランが今夏中にロシアのロスオボロンエクスポルト(武器輸出公社)との間で、スホイ長距離戦闘爆撃機二百五十機と空中給油機二十機を数百億ドルで購入する契約に調印するとの情報があり、米情報機関がその真偽を必死に探っている。 情報の出所はイスラエルの対外諜報機関モサドとされる。これが事実とすれば、イラン空軍はイスラエル空軍に匹敵する長距離攻撃能力を持つことになるだけに、米国防総省は懸念を深めているという。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top