米英当局の摘発攻勢にJALも戦々恐々?

執筆者: 2007年9月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: ヨーロッパ 北米

 経営再建中の日本航空(JAL)に、新たな不安材料が加わった。このほど、米司法省と英公正取引庁が英最大手のブリティッシュ・エアウェイズ(BA)などに対し、原油高騰に対応した燃料費の上乗せ分を他社と共謀して決めていたとして、それぞれ三億ドル(約三百六十億円)、一億二千百五十万ポンド(約三百億円)の罰金を科したことが明らかになった。このほか、米司法省は大韓航空にも三億ドルの罰金を科すことを発表、BAと大韓航空は罰金支払いに応じた。 米英当局は世界的な航空カルテルの摘発を進めており、今回の措置はその第一弾となるが、追及は「JALや全日本空輸(ANA)にも及ぶ可能性がある」(国内航空大手幹部)。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top