高級ブランド再編第二波 主役の投資ファンドはブランドを活かせるか

執筆者: 2007年11月号
エリア: ヨーロッパ

 投資ファンドがファッション産業を狙っている。英投資ファンドのペルミラは、九月にイタリアの高級ブランド「ヴァレンティノ」を総額二十六億ユーロ(約四千二百億円)を投じて傘下に収めた。ヴァレンティノはデザイナーのヴァレンティノ・ガラバーニ氏(七五)が創業したブランドで、赤を基調に女性らしさを強調したデザインで知られる。同氏はブランドを手放した直後、来年一月の引退を表明。ヴァレンティノはペルミラが起用した新デザイナーの下で、従来の高級衣料だけでなく、皮革製品や宝飾品へと商品群を増やすとみられる。 またペルミラは七月にもドイツの男性向け衣料ブランド「ヒューゴ・ボス」を手に入れており、二つのブランドの相乗効果を狙っているとされる。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top