温家宝首相が離婚していた! 背後に上海閥の親族攻撃

執筆者: 2008年2月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 中国・台湾

「文字通り命懸け、最近は悲壮感さえ漂ってきました」――中国国務院筋は、温家宝首相が“職務に専念”するため張バイ莉夫人と一昨年秋に離婚していたと明かした。大陸中国人として初めて英国宝石鑑定士資格を取得、北京ダイヤモンド宝石公司トップとして中国宝石協会副主席までキャリアを積み上げてきた張夫人だが、温の首相就任を翌年に控えた二〇〇二年以降、ビジネスから身を引いたと伝えられていた。だが、旺盛な事業意欲を抑え切れなかったようだ。 温の家族をめぐっては、長男・温雲松、長女・温如春が父の威光を笠に金融企業のトップに就き暴利を貪っているなど、台湾・香港発の報道が絶えない。昨秋にも台湾のテレビ局が「張夫人は前年の宝石展示会で二百万元の宝石を(自分用に)買った」と伝えるなど、真偽不明の情報が飛び交う。

カテゴリ: 国際 金融
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top