オサマ・ビンラディンの息子がブット暗殺関与の新情報

執筆者: 2008年2月号
カテゴリ:
エリア: アジア

 昨年暮れに起きたパキスタンのベナジル・ブット元首相暗殺事件に、国際テロ組織アル・カエダの指導者オサマ・ビンラディンの息子が関与した可能性が囁かれている。 ブット氏が率いたパキスタン人民党(PPP)筋によれば、ブット氏は昨年十月の帰国直後にカラチで起きた自爆テロの犯行グループが再び自分の命を狙っていると、暗殺事件発生の直前、家族や側近らに話していた。 また、ブット氏は昨秋の帰国直前、以前から親交のあった米国人ジャーナリストにeメールで、パキスタンの「赤いモスク」に立てこもったイスラム原理主義グループやオサマ・ビンラディンの息子であるハムザ・ビンラディンらから暗殺の脅しを受けていると伝えていた。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top