ライバルを絶賛して退社「プレステの顔役」の行き先

執筆者: 2008年4月号
タグ: 日本

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が静かな激震に見舞われている。きっかけは、プレイステーション(PS)事業でソフトウェア戦略を担うSCEワールドワイド・スタジオ社長のフィル・ハリソン氏の退任だ。ハリソン氏の名前は日本では馴染みがないかもしれないが、初代PSからPS3までコンテンツの充実をはかり、PS事業をソフトウェア面で支えてきたSCEの重鎮。ゲーム開発者に顔が広く、任天堂なら「マリオ」や「Wiiスポーツ」の生みの親である宮本茂専務に相当する人物だ。久多良木健氏(現SCE名誉会長)らと並ぶPSの顔役だった。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top