販路開拓の新動向 欧米がだめなら中国を「市場」に

執筆者: 2008年4月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス

 インドでも、生産拠点と見なされてきた中国を市場として捉え直す動きが目立っている。 子供服製造・販売のリリパット・キッズウェアは中国に三年後までに小売店舗網を展開する。同社は商品の調達では中国への依存度がすでに二〇%に達しているが、今後は現地に合弁会社を設けて販売も拡大する意向だ。衣料品の業界団体であるインド・アパレル製造協会は、近く十数社からなる市場調査団を中国に派遣する。 自動車部品の大手バーラト・フォージも中国での販売を模索中。中国の自動車メーカーと合弁で現地生産を始めているものの、販路の中心はインドや第三国。これを二〇〇八年度から中国国内にも広げる計画だ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top