急増する売り上げに中国様様のブランド企業 対中批判の米女優を外す

執筆者: 2008年7月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス

 フランスの高級ブランド大手のクリスチャン・ディオールが、映画『氷の微笑』で知られる米女優のシャロン・ストーンさんを使った広告を中国から撤去した。先に開かれたカンヌ映画祭で、ストーンさんが香港のテレビとのインタビューで「中国・四川省の大地震はチベットの人たちを抑えつけた中国の『報い(カルマ)』だ」と発言したことがきっかけだった。一分近い映像はインターネットの投稿サイトを通じて広がり、中国のメディアなどで大きな反発を呼んだ。 新華社などの報道によると、ディオールの中国法人は「不適切な発言で中国国民を傷つけてしまったことを後悔する」というストーンさんの謝罪声明を出し、中国からストーンさんを使った高級化粧品などの広告をなくすことで事態の収拾を図った。同社を始めフランス企業がチベット問題に敏感なのは、四月にパリで五輪聖火リレーへの抗議が起きたのを受け、中国国内に出店する仏流通大手カルフールなどに対し不買運動が広がったことが背景にある。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top