昔日の植民地インドがロンドンを“手中”にする日

執筆者: 2008年9月号
カテゴリ: 国際

 二〇一七年には、ロンドンの不動産の半分を所有しているのはインド人かもしれない――。 米印合弁の不動産会社、ジョーンズ・ラング・ラサール・メグラージュ(JLLM)がまとめた報告書は、今後十年でインド人がロンドンを中心とする英国の不動産に注ぎ込む金は総額百五十億ポンド(約三兆二千億円)にのぼるだろうと予測する。 英国の不動産デベロッパーの担当者も「アジアで中産階級が増加するにつれ、海外に投資先を求める人が増えている。とりわけ、将来英国に留学する子供のためにアパートを買う親や、頻繁に渡英するビジネスマンがホテル代わりに不動産を買っていく」と語る。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top