特集●アメリカ大統領選挙の見えない帰趨 運命の十一月四日 天下分け目の州はどこか

執筆者:ルイス・ジェイコブソン 2008年10月号
エリア: 北米

副大統領候補に女性知事サラ・ペイリンを指名したことで、共和党陣営がにわかに勢いを増した。支持率で並んだ民主党オバマ候補と共和党マケイン候補。勝敗の鍵を握るのは「紫の州」だ。[ワシントン発]民主党のバラク・オバマと共和党のジョン・マケイン両上院議員にとって、十一月四日投開票の米大統領選挙は、ただ一つの戦いではない。彼らは五十一の戦場――五十の州と首都ワシントン(コロンビア特別区)――での戦いに臨んでいるのだ。二百年前に立案された間接選挙制度により、米大統領選は全国区の単純な一般投票によってではなく、州ごとに選ばれる選挙人の数を最終的にどちらの候補がより多く得たかで競われる。この選挙制度こそが、両陣営が立てる選挙戦略を左右するものとなる。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top