共同歩調をとろうにもいまひとつのEUで最も“危険視”される国

執筆者: 2008年11月号
エリア: ヨーロッパ

 米国発の金融危機が欧州にも波及し、各国政府や中央銀行が対応に追われている。サブプライムローン(低所得者向け住宅融資)問題の余波でこれまでも英国やドイツの中小金融機関が経営難に直面していたが、九月以降は大手金融機関の経営危機が相次ぎ表面化し、動きが慌ただしくなっている。 発端となったのは英国の金融大手であるHBOS。主力事業の個人向け住宅ローンで損失を膨ませ経営危機に直面。事実上の英政府の支援のもとに英大手銀行ロイズTSBに救済合併された。これに続き、オランダ・ベルギーで銀行・保険業務を行なう金融大手フォルティスの株価が急落し、オランダ・ベルギー・ルクセンブルクの三カ国は公的資金の投入を決めた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top