UBSにも破綻懸念 スイス金融界の大号令は「富裕層マネーを守れ」

執筆者: 2008年11月号
エリア: ヨーロッパ

 金融恐慌の色彩が強まってきた欧州で、金融王国としての歴史を誇ってきたスイスの行方が注目されている。 今回のサブプライムローン問題ではスイスの銀行最大手のUBSが昨年上期に大幅な損失を計上し、最高経営責任者(CEO)だったペーター・ウフリ氏が辞任。その後、損失は四兆円を超え、今年春には最高権力者として君臨してきたマルセル・オスペル会長も退任に追い込まれた。 それでも疑念は消えず、一般スイス国民の間にまでUBSの破綻を懸念する声が広まっている。二大銀行の一方であるクレディ・スイスのサブプライム関連損失が一兆円以下に留まっていることから、クレディ・スイスや、スイスに古くから存在するプライベートバンクにUBSの資金が流出している模様だ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top