ベールに包まれた海自「特警隊」初仕事はソマリア沖での「海賊対処」

執筆者: 2009年2月号
タグ: 自衛隊
エリア: アフリカ 日本

 自衛隊初の特殊部隊である海上自衛隊の「特別警備隊」が、ソマリア沖で海賊対策にあたることになりそうだ。特警隊が実任務(国際平和協力活動や国内の災害派遣など)に就くのは二〇〇一年の創設以来初めて。海自はソマリアへの派遣準備を進めている護衛艦に、特警隊の隊員を同乗させる計画だ。 防衛省関係者によると、政府は、海賊対処の法的根拠となる海賊新法の制定を急ぐ一方で、当面は現行の海上警備行動の枠内でも日本船籍の船舶の護衛は可能として、早ければ三月中にも護衛艦一隻をソマリア沖のインド洋に派遣、四月から任務を開始する方針だという。防衛省は、武装した海賊を念頭に、相手の武装解除や無力化など特別な訓練を受けた特警隊員を任務にあてることを決め、広島県・江田島に置かれた特警隊に人選や装備選定などの準備を進めるよう内々の指示を出した。

カテゴリ: 国際 外交・安全保障
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top