家電小売最大手が墓穴 日本メーカーにも影響か

執筆者: 2009年2月号
タグ: 中国
エリア: 中国・台湾

 中国の家電量販店最大手、国美電器の動きに業界の注目が集まっている。創業者で中国長者番付常連の黄光裕氏(三九)が昨年十一月に株価操縦や脱税など複数の経済犯罪にかかわった疑いで公安当局に身柄を拘束されて以来、金融機関が融資姿勢を硬化させ、資金事情が急速に悪化しているというのだ。 黄氏は広東省の農村出身で、腕時計などの行商で稼いだ金を元手に一九八七年に十八歳で北京に国美の一号店を開き、わずか一代で巨万の富を築いたとされる立志伝中の人物だ。米フォーブス誌の中国富豪番付の常連で、二〇〇八年版では推定資産が四百三十億元で二位だった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top