無線傍受が明るみに出したアル・カエダ幹部の動向

執筆者: 2009年3月号
カテゴリ: 国際

 国際テロ組織アル・カエダのナンバー2とされるアイマン・ザワヒリが、昨年暮れにイラン革命防衛隊の特殊部隊「クッズ」と接触したとの情報が流れている。 ザワヒリは「クッズ」のカセム・スレイマニ司令官と電話で話し、中東におけるアル・カエダ戦闘員とイランとの関係について意見交換したという。アル・カエダ要員が多数潜伏しているとみられるアフガニスタンとパキスタンの国境地域での無線を傍受したパキスタン治安当局から米中央情報局(CIA)に伝えられた情報だと見られる。 無線の傍受により、オサマ・ビンラディンの息子サードがアル・カエダと「クッズ」の仲介役を果たしていることをパキスタン治安当局の専門家が確認したとの情報もある。サードは昨年九月、身柄を拘束されていたイランから出国し、パキスタンとアフガニスタンの国境に潜伏したとの有力情報をCIAがつかんでいる。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top