麻薬を運んで三千里「半潜水艇」を手作りしていたコロンビア人

執筆者:クリス・クラウル 2009年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中南米

[ボゴタ発]二月十三日、麻薬取締法違反容疑で米フロリダ州タンパの連邦裁判所で裁判にかけられたのは、コロンビア人エンリケ・ポルトカレーロ被告。米国や中米諸国にコカインを密輸するための「半潜水艇」を手作りしていたエビ漁師だ。 ポルトカレーロが南米コロンビアのブエナベントゥーラで逮捕されたのは昨年十一月二十五日のこと。それ以降捜査当局は、ジュール・ヴェルヌの『海底二万里』の主人公をもじって彼を「ネモ艦長」と呼び、裏付け捜査を続けてきた。当局は、ポルトカレーロが過去二年間に、一隻で十トンのコカインを運搬できる船を二十隻建造したと見ている。密造船は長さ約十八メートル。潜水艦のように潜航・浮上はせず、水面すれすれに潜って進む「半潜水艇」だ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top