対イラン武器供与凍結でロシアがオバマ政権に秋波?

執筆者: 2009年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア 中東 北米

 ロシアはイランが購入を強く希望している高性能対空ミサイルシステムについて、当初の輸出計画を凍結したもようだ。 コメルサントなど複数のロシア有力紙によれば、ナッジャル・イラン国防軍需相が二月中旬、モスクワを訪問、射程の長い対空ミサイルS300を予定通り引き渡すよう要請したが、ロシア側は応じなかった。 S300をめぐっては、昨年暮れにロシアからイランへの供与で合意したと伝えられて以降も、両国間でたびたび交渉が行なわれ、今回のナッジャル国防軍需相のロシア訪問の直前には「引き渡しで最終合意される」との見方も出ていた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top