中国の「無思慮」が台無しにしたもうひとつのインフルエンザ治療薬

執筆者: 2009年7月号
カテゴリ: 国際 社会
エリア: 中国・台湾 日本

 新型インフルエンザ騒動でその存在が広く知れ渡ったのが、治療薬のタミフルとリレンザだ。政府の備蓄は三千八百万人分で、万一、全国的に感染が広まったら備蓄分では足りないのは言うまでもない。「もうひとつのインフルエンザ治療薬が使えたら」というため息をもらした医療関係者もいた。 もうひとつのインフルエンザ治療薬とは一九六四年に米国で開発されたアマンタジン(商品名はシンメトレル)だ。インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型の三種類があるが、アマンタジンはA型インフルエンザの特効薬として知られていた(今回の新型もA型に属する)。欧米では昔からインフルエンザ治療薬として広く利用され、日本ではパーキンソン病治療薬として認可されたのち、一九九八年にA型インフルエンザ治療薬として承認されている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top