逮捕命令が出されたフン・セン首相の政敵

執筆者: 2010年2月号
カテゴリ: 国際

 カンボジアの野党、サム・レンシー党(SRP)のサム・レンシー党首に対し、裁判所が逮捕命令を出したことが明らかになった。長年フン・セン首相と対立しながら、一度は和解した両者だけに、背景に政治的な思惑が隠されている、との見方が強い。カンボジア国内政治の流動化が懸念されている。 裁判所によると、カンボジアは現在ベトナムとの間で国境画定を進めているが、レンシー党首は昨年十月に国境の標識を勝手に撤去し、器物損壊などの罪に問われている。ところが、裁判所の出廷要請に応じなかったために逮捕命令が出された、という。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top