ワヒド氏死去で再浮上したスハルト氏「国家英雄」問題

執筆者: 2010年2月号
カテゴリ: 国際

 昨年十二月三十日にインドネシアのワヒド元大統領が死去した。民主化促進などの生前の功績からワヒド氏を「国家英雄」に認定する動きが国内で高まっている。しかし、そうした動きに対し、国家英雄への認定が保留されているスハルト元大統領の問題が再浮上、「ワヒド氏が国家英雄ならスハルト氏も国家英雄に列せられるべきだ」との議論が噴き出し、国論を二分する様相を呈し始めている。 インドネシアでは一九六七年に「国家に貢献」「国民の道徳の規範」などを基準に「国家英雄」が制定された。これまでに独立戦争の英雄や人権運動家、宗教指導者など百五十人以上がこの名誉の称号を得ており、スカルノ初代大統領も国家英雄となっている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top