深層レポート 日本の政治
深層レポート 日本の政治 (121)

通常国会前に難問山積 問われる首相の決断力

執筆者: 2010年2月号
タグ: 日本
エリア: アジア

 後任に起用されたのは菅直人副総理だった。健康問題を理由に藤井裕久財務相が一月六日に辞任。突然の閣僚交代ではあったが、これによって、鳩山政権が受けるダメージは少ないだろうというのが与党内の一般的な受け止め方だ。それどころか「かえって良かった」(民主党国対幹部)とまで言う議員もいるほどだ。 菅氏は就任早々、円安誘導発言で波紋を広げており、財務相としての適格性には疑問符がつく。しかし、そうであっても、一月十八日に召集される通常国会での予算案審議を前にして、高齢で体調が思わしくない藤井氏よりも、切れ味の鋭い菅氏の方がましだと判断する人々が与党内には多いのだ。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top