新日鉄が描く「一人勝ち」鉄鋼業界再編のシナリオ

執筆者: 2000年2月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 鉄鋼業界トップの新日本製鉄による業界再編のシナリオが進んでいる。経団連会長も務める新日鉄の今井敬会長は昨年十月の勉強会で「鉄鋼業界は新日鉄、川崎製鉄、NKKの三社高炉体制を考えている」(経団連関係者)と発言。その言葉通り、新日鉄はまず、シームレス(継ぎ目無し)パイプの過剰投資で約八百億円の有利子負債を抱える住友金属と同パイプ分野で提携した。その代わりに住金は和歌山の高炉二基を止め、本業の要となる圧延部門を新日鉄に事実上手渡した。 また、新日鉄が神戸製鋼所から獲得を狙っているのはアルミ部門と、売電参入のために建設した二基の発電機だという。新日鉄は子会社のスカイアルミと古河電工を合併させて神鋼のアルミ部門を吸収し、発電所も傘下に収める考えのようだ。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top