【今月の2冊】 『ローマ人の物語』シリーズの贅沢な副読本

執筆者: 2000年2月号
カテゴリ: 文化・歴史 書評

「現代から過去を眺め、評価し裁くという態度を、私はとりません。言ってみれば密着取材型で、その時代に生きた人々がどう考えていたかが最重要事になる。(中略)そのためにも、その時代の人々が考えもしなかったことは私も考えないという、姿勢をとりつづけてきました」(塩野七生『ローマ人への20の質問』文春新書 六九〇円) 本書は、著者が十五年をかけて取り組んでいる『ローマ人の物語』(現在、第八巻までが刊行中)の、いわば副読本である。このライフワークを通して著者が何を描こうとしてきたかが端的にわかる、“復習”にもってこいの本だ。しかも、本シリーズをまだ読んでいない読者にも、十分に楽しめるローマ史の入門書的な要素も兼ね備えている。また、まだ書かれていない巻の予告編的な側面ももある。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top