介護保険の定着を阻む「美風」と「認定」

執筆者: 2000年3月号
カテゴリ: 経済政策・社会保障
エリア: 日本

コンピューター認定の致命的欠陥も明らかになり…… 四月一日からいよいよ介護保険がスタートする。「必要な時に誰もが介護サービスを受けられる社会」をうたい文句にした介護保険だが、導入直前になっても、果たして制度が定着するのかを疑問視する声が少なくない。特に定着を阻んでいるのが、「子が親の介護をすることが日本の美風」(亀井静香自民党政調会長)という発言に代表される、保守的な考え方だ。 また、せっかくサービスを受ける気になっても、その内容を決めるために必要な「要介護認定」があまりにも不公平である実態も明らかになっており、制度への信頼性がスタート前から崩れかけているのが現実だ。

カテゴリ: 経済政策・社会保障
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top