仏銀買収で窮地に立ったジョスパン内閣

執筆者: 2000年4月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: ヨーロッパ

 内閣改造で新スタートを切ったばかりのフランスのジョスパン内閣を揺さぶる事態が発生した。英国に本拠を置く国際金融グループHSBCがこのほどフランス大手銀行CCF(フランス商業銀行)に対するTOB(株式公開買い付け)を発表したからだ。成功すればフランスで初の外資による大手銀行買収となる。 フランス政府はかねてから国内主要企業への外資の買収攻勢を阻んできた。ところがHSBCはTOBを発表した時にはすでにCCF株の半数以上を手に入れている鮮やかさで、フランス政府の反撃を封じてしまった。HSBCにとって初のフランス本格進出の足がかりであるこの買収が、欧州委員会の独禁政策にひっかかることもなさそうなので、当局が介入すればフランス批判の火に油を注ぐのは必至だ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top