「住宅買い換え市場」が死んでいる

執筆者: 2000年4月号
タグ: 日銀 日本
エリア: アジア

大型減税による駆け込み需要にかえって怯える住宅業界 マンションが売れている。建設省がまとめた一九九九年の新設住宅着工戸数は、前年比一・四%増の一二一万四六〇一戸で、三年ぶりのプラス。分譲マンションは五・四%の高い伸びを記録した。なかでも首都圏のマンションは八万六二九七戸と過去最高ペースで、都心部の優良物件は即日完売が相次いでいる。住宅減税の適用期限に間に合わせようと、「青田売り」状態で契約後一年以上経過しないと入居できないケースもあるが、モデルルームを訪れると、どこも「平成不況」などどこ吹く風といった雰囲気だ。

カテゴリ: 経済・ビジネス 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top