タカ派駐米大使が次期中国外相か

執筆者: 2000年12月号
タグ: 中国 台湾
エリア: 中国・台湾 北米

 中国の李肇星・駐米大使が近く任期を終えて帰国、後任に外務次官(南北米州担当)の楊潔チ氏が就任する。 李氏は外交部副部長から駐米大使になったが、典型的なタカ派的言動が多く、ワシントン外交界での評判はいまイチ。とくに二〇〇〇年初め、下院が圧倒的多数で「台湾安全保障強化法案」を通過させた際、同法案上程に尽力した議会の長老、ジェシー・ヘルムズ上院外交委員長(共和党)に激しくかみつき、外交界では眉をひそめる向きが多かった。また、九九年五月の在ベオグラード中国大使館誤爆事件に際しては、CNNテレビ「ラリー・キング・ショー」に黒シャツに銀のネクタイ姿で生出演して、違和感を振りまくなど、話題に事欠かなかった外交官だ。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top