【今月の2冊】 地図とコンピュータの“出会い”は何を生んだか

執筆者: 2000年12月号

「地図は数字では表現できないアナログの真髄ともいえるメディアだ。そのアナログの極にある地図を媒介にして(中略)デジタルデータだけではつかみにくい現実をつかまえる。 二律背反を解消するかのような技術がGISには盛り込まれている」(船木春仁『電子地図ビジネス入門』東洋経済新報社刊 一六〇〇円)「IT革命」がいくら流行語ともてはやされても、日々の暮らしのなかで“革命”を実感する機会がそうあるわけではない。「ITという言葉ばかり氾濫しているが、情報技術が我々にどのような未来を提供してくれるのか」と、素朴な疑問を感じている人も多いはずだ。そういう人に是非お勧めしたいのが本書である。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top